オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

大事な衣服

制服やスーツやブランド物の洋服などの、家庭では環境と技術の関係で綺麗にすることが難しいものを依頼するのが一般的ですが、昨今では仕事で使用している作業着や、スポーツで使用するユニフォームなどのクリーニングを依頼する人も増えました。
作業着やユニフォームは使用環境上、普段着られる服よりも厄介な汚れが多いので家庭での洗濯では落ちにくいものが多いのが現状ですが、そんな服もクリーニング店では扱ってくれます。
工業油に対して特に強い洗剤や、襟や裾に付着する頑固な汚れを落とす技術もさることながら、洗濯技術も進化を続けています。
ただ綺麗にするだけに留まらず、再び着た時に肌を荒らしてしまわないような工夫もなされています。

■他の業者
技術の進歩により、洋服以外にもクリーニングできるものが増えています。
以前は水洗いは難しいと言われていた革靴などの皮製品も、他国から輸入した技術を使うことで、皮を傷めずに綺麗にすることができるようになりました。
今まで難しいと言われていた和服も、その一つです。
和服は家庭での保管も注意が必要なデリケートな服なのですが、最近では洗濯後に専用のパックを使用して店で保管してくれるサービスを提供しているところも出てきています。
ファスナーの修理をサービスとして提供している店舗も出てきており、今後は更にボタンの解れや服の整形まで提供することも予想されます。
服のクリーニングだけに留まらず、修理や保管まで請け負ってくれるような「服全般の専門店」へと進化を遂げようとしています。

■価格
制服やユニフォームは一般のクリーニングでも取り扱っています。
しかし、職場ごとにまとめてとなると、幾分価格は安い価格設定になります。
制服やユニフォームを専門に扱っている業者であれば、よりきれいに清潔になるよう、洗剤の量なども変わってきます。
一般的なクリーニング屋さんにお願いするよりも点数が多い方が、トータル単価は安くなります。
また、法人価格を設定しているところもありますので、依頼の際は比較検討をすることが必要となります。
価格を設定するポイントも、業者により違いがあります。
少人数の職場であれば、個別で明日法が安い場合もあります。